暮らしの明日をつくる MIZUKAMI

CROSS TALK部署も役職も異なるメンバーが語る
日々の「挑戦」

部署も役職も異なるメンバーが語る日々の「挑戦」

CROSS TALK 01

部署も役職も異なるメンバーが語る日々の「挑戦」

北村オモイオ事業部は育児用品を扱う小さな部署で、商社内にあるメーカーです。ノウハウの積み上げがまだまだ乏しいので、昨日より今日を良くしようと、日々挑戦の連続です。今はまだこのブランド自体あまり有名ではないので、まずは認知度を上げたい。あとは、ユニセックスな方向にブランディングしたいなと。「ママのために」という言葉や、色もピンクを使わないようにしたり…。

高橋最高に頼もしいですね。同行営業に行かせていただいた時にも、女性ならではのアイデアを出してくれました。どうしても僕だと、つい商売っぽくなってしまって。母親目線の意見をプラスしてくれるので、印象に残る提案ができるなぁと。僕にとっては営業としての新しいチャレンジだったと思います。

CROSS TALK
CROSS TALK
部署も役職も異なるメンバーが語る日々の「挑戦」

服部僕も商品開発には憧れます。入社時の面接や説明会で、「うちは商社だけどちょっとメーカーっぽい。自分たちで商品も作れるよ」と聞いてワクワクしました。今は営業の見習いとして商品知識を蓄えているところなので、これからです。隣の先輩も他部署の先輩も、わからないことはなんでも答えてくれるので心強いですね。周りの先輩方みたいになりたいと目標にしています。

北村谷さんはリーダーになって大変そうだよね。まとめる立場になって、すごくチャレンジをしていると思う。

部署も役職も異なるメンバーが語る日々の「挑戦」

「私が一番しっかりしなきゃ」と思っているので、なんでも自分で解決できるよう勉強中です。でも、ついつい抱え込んでしまうこともあって…。仕事をみんなに振ることも、私の課題かなと思いますね。小さいことでも営業さんが頼ってくることがあるので、「それは自分でお願いします」ときっぱり言うことも、でしょうか(笑)

一同(笑)

北村お話しやすい雰囲気を持ってるからかも?(笑)

挑戦を支えるのは、
水上らしい「チームワーク」

CROSS TALK 02

CROSS TALK
挑戦を支えるのは、水上らしい「チームワーク」

服部会社の説明会で、人事の方がすごく楽しそうに会社のいいところを伝えてくれたことが印象的だったんです。実際に入社してからも、力を貸していただきながら楽しく働いています。困ったときには部署を問わずに助けてくれるのが日常です。

北村そうですよね。私は中途採用なので、何もかもわからないまま入社しました。そんな時、一見強面に見える古株の営業さんが、口は悪いけど助けてくれたりして(笑)。全然違う部署の人なのに助け舟を出してくれる、密かに尊敬している人はたくさんいます。

挑戦を支えるのは、水上らしい「チームワーク」

私も、なんでも話を聞いてくれる上司も同期もいます。すごく恵まれてるなと思いますね。罪悪感なく定時で帰れるのも、チームに信頼感があるからかもしれません。

村川すべての部署が隔たりなくワンフロアに集結していますからね。2年に一度の海外への慰安旅行も、みんなが楽しんでいますよ。

CROSS TALK
挑戦を支えるのは、水上らしい「チームワーク」

高橋旅行では、大阪だけでなく、東京や九州支店のメンバーみんなと交流できるのもいいところですね。水上は、仕事はもちろんですがプライベートでも仲が良い人も多いです。上司や先輩、みんなで支えあいながら挑戦を続けられる。そんな環境が自慢だと思います。

挑戦を支えるのは、水上らしい「チームワーク」

<右より>
・販売2部 村川雄亮
・特販部特需課 高橋大輔
・特販部オモイオ事業部 北村晴子
・販売3部 谷 絵里香
・販売3部 服部 樹

CROSS TALK